インコ達との生活2022-01-17 16:24:13

また月曜日になりました。

今朝、また会社の上司と話をして退職の際の動機等について説明しました。

朝起きてパソコンを開いたら、ちょっと話がしたいと言うメッセージが届いていたので、「なんだろう?」とちょっと不審だったのですが、上に立つ人にはそれなりの心配事があるのですね。引き留められるとは思っていませんでしたが、結果的にそう言う話ではなかったので、ちょっと安心しました。

仕事の上では、気になることがたくさんあるのですが、今は焦ってみても仕方がないので、少しなるようになるだろうと遠巻きに見守るような気分でいます。

退職するからと言う訳ではなく、相手がある仕事なので、いくら言っても相手が動かなければ仕方ありませんので、相手の出方を見守ろうと言う気分です。

そんな訳で、今日は少し気分も晴れて、やれることだけをやりました。

今日も超多忙と言う状況ではないので、時々相棒のインコ達と遊びながら、マイペースでいます。

この写真の子達が僕の遊び相手です。手前の小桜インコは時々僕の肩の上に乗って、遊びに来ますし、カゴの中にいるセキセイインコの方も外に出すと同じように僕の肩の上に乗って何かをしています。何をしているのかは分かりませんが、とにかく二人とも愛嬌のある可愛い子達なのです。

セキセイの方は、時々訳のわからないおしゃべりをしています。自分の名前は随分前から言えるようになっていたのですが、今日も何やら訳のわからないことをごちゃごちゃと言っていました。いわゆる鳥の囀りとかではなく、明らかに何かを喋っていると言う感じなのです。だから、言葉を教えようとしているのですが、思ったように話してはくれません。

一方のコザクラは言葉こそ話しませんが、とても愛嬌があって、時々ドヤ顔で僕のことを見ていることがあります。人間から見て、ドヤ顔に見えるだけで、実際にそんな気分になっているのではないと分かっていても、なんだかとても可愛いので、そんな時は名前を呼んで声をかけてあげます。

最近、自分の家、写真のピンク色の三角形の中に入ることを覚えました。中にいる時がまたとても可愛いのです。

そして、この2羽ですが、とても仲が悪く、しょっちゅう睨めっこしたり、相手を噛みつこうと威嚇したりしています。だから同時に二人をかごから出すことはしません。一度出したら、二人の追いかけっこが始まって、大騒ぎになりました。

両方とも男の子なので、ライバル意識があるんでしょうか。面白いです。小さいセキセイが体の大きいコザクラに負けていないのも面白いです。ただ噛みつきあっての喧嘩になるとどちらも怪我をしてしまうので、同時に放鳥するのはやめました。

この子達がいるおかげで、コロナでずっとテレワークになっていてもなんとか気分転換ができています。

もしこの2羽がいなかったら、きっと仕事の重圧等で精神的に病んでいたかもしれないなと思うことがあります。