ハトを求めて!?2022-10-04 15:58:43

今日は意外と暑い1日になりましたね。でも明日から急に気温が下がると言う予報が出ているので、ちょっとビックリです。

10月になって、すっかりセミの声を聞かなくなって、ちょっぴり寂しい気分ですが、今朝はちょっとハトと再会したくて、ハトのいる公園まで行って見ました。この時はまだ北朝鮮が撃ったミサイルの事を知らなくて、いつものように呑気に歩いていたのです。

ハトがいたらあげようと思った家のインコの食べ散らかしの餌は今朝はなくて、仕方なく手ぶらでした。そして、その公園に着いてみると、いつもたくさんいるハトが1羽もいませんでした。

公園のベンチに座ると、いつもは一斉にハトが飛んでやってくるのですが、今日は彼らがいつもいる電線にも1羽もいなくて、ちょっと寂しい気分でした。幸いと言うか今日は餌も持っていなかったし、却っていなくてよかったのかもと思いましたが、それでも一抹の寂しさを感じました。

いつもなら、この写真の様にやってくるのですが、今日はどうした事でしょうね。どこか別の居心地の良い場所が見つかって、みんなそっちに引っ越ししたのなら良いのですが、ちょっぴり気になっています。

ハトと言えば平和の象徴と言われますが、そんな今日の散歩から帰宅する途中にスマホを見ていて北朝鮮のミサイルの事を知りました。日本の上空を飛び越えて、太平洋に落ちたと言う事ですが、5年ほど前にも日本の上空を飛び越えたミサイルを撃って来ましたので、これで2回目ですね。

聞くところによると、今の北朝鮮は新型コロナの影響と世界中から受けている制裁のせいで食料がなく、人民と言うか、国民は相当厳しい生活環境にあるそうです。そんな国内情勢の引き締めという意味合いもあるのかどうか分かりませんが、アメリカに対する制裁解除の要求なのか、アメリカにも届くようなミサイルがあるのだという事を主張するようなミサイル発射にも見えます。

普段の日本の生活では、すぐそこにある戦争の危機を意識することはなく、至って平和でのどかな生活を送っていますが、本当のところ、日本の隣国3カ国は全て核兵器を保有し、その3カ国すべてが独裁政権で、日本人を拉致したり、ウクライナに侵略し、核兵器で脅迫をしたり、ジェノサイドを行ったり、恫喝的な外交を行ったりと、とんでもない国に囲まれていることを少しでも意識するべきだと思います。

悪の枢軸4カ国と言うのがあるそうです。そのうちの3カ国が日本の隣にあると言う、世界でも一番危険な国が日本だと言う事を忘れては行けませんね。

今日、平和の象徴ハトを求めて行った公園にハトが1羽もおらず、しかもその少し前にミサイルが飛んできたと言うのも、そんな危機的な状況を意識するきっかけになりました。

今見ているこの平和な世の中は実は見せかけで、すぐそばに危機が迫っている事を自覚したいです。

花は咲く2022-10-02 16:14:55

すっかり秋を感じる季節になったとは言え、日中は結構暑いですね。真夏の蒸し暑さではないものの、やっぱりエアコンを入れたくなりました。

でも、今日はちょっと我慢して、午後久しぶりに墨をすって、書道の練習をしてみました。

今年になって初めてだと思います。と言うか、随分長らくご無沙汰していたように思います。

なぜ、急に書道をしてみようと思ったのか、僕にも実ははっきりは分かっていません。ただ、心のどこかに引っ掛かるものがあって、そろそろ再開しないといけないのじゃないかと思っていたのです。

書を書くときは、僕はいつも墨をする所から始めます。本当は墨液を使えば手っ取り早いのですが、墨を擦っているときの無我の境地と言うか、無心になれるのが好きで、かなりめんどくさい作業ではありますが、それでも必ず墨をする作業から始めています。

実は、来年の2月頃に予定されている書道展にできれば出してみたいと思っていて、書道の先生の添削を受けようと思っているのです。

今回僕が選んだのはカナ文字です。

漢字の書よりカナの方が好きで、これまで書いた中で一番気に入っているのもカナ文字なのです。わざわざ額にして和室に飾ってあります。

今日は5枚ほど書いてみたのですが、ちょっと久しぶり過ぎて、添削に出す様なレベルのものは書けませんでした。また次回チャレンジします。

さて、今日はそんな訳で割と充実した日曜日に出来ました。書いた作品に不満は多いですが、これも練習なので、次回また頑張れば良いと思います。それにしても簡単じゃないですね。

今日は、この後少し散歩でもして、日曜日の夕方をエンジョイしたいと思います。

この写真は昨日歩いていて見つけた花なのですが、名前も知らない花ですが、とても不思議で、朝見たときは白い花だったのに、夕方見た時はこのピンク色になっていました。1日の中で色を変える花なんてあるのですね。面白いなと思いました。

また、明日から仕事が始まると、色々プレッシャーもあるし、日曜日の夕方は本当は結構明日のことで気持ちが落ち込むのですが、なんとか明日のことは考えない様にして、週末を楽しみたいですね。

そして、今夜はこの花を思い、フルートで「花は咲く」でも吹いてみようと思います。福島の復興祈願と、亡くなった安倍総理への花向けを兼ねて。

そして何よりもいまだに行方が分からない女の子が早く見つかることを祈りたいです。

芸術の秋到来?!2022-09-30 16:17:18

時々このブログで書いていますが、ちょうど2年前の9月に尺八の師匠と出会い、そしてそれからずっと尺八を練習して来ました。

初めはプラスチック製の尺八を手に入れて、それを使ってこの2年間練習を続けて来たのですが、つい最近の夏に初めて竹の尺八を手に入れて、最近はその尺八でも練習しています。

まだまだ初心者のレベルですので、人に聞いてもらえるようなものではないのですが、いつか誰かに聞いてもらえるチャンスが来ることを期待して、日々練習しています。

残念ながら、つい最近、2年間練習を見てくれていた師匠が海外に引っ越され、今はやむなく独学状態ですが、それでも挫けず練習を続けています。

何しろ、続ければ続けるほど、楽しさを発見できるので、今は完全に尺八にハマっていると言っても良いと思います。

尺八と言うと、思い浮かべるのは虚無僧ですが、個人的には虚無僧に興味があると言うよりも、尺八を使ってポピュラーな曲を吹くのを楽しみにしています。1番のお気に入りはスタジオジブリの曲です。そして、日本の童謡と言うか、子供の頃に聞いた曲も結構お気に入りの曲です。

秋になり、最近この写真の赤とんぼを見かける事が増えて来ました。赤とんぼを見るとつい思い出すのはやはり日本の童謡です。尺八と赤とんぼって結構似合う気がしています。

さて、尺八と同じく、去年からフルートを練習しています。

フルートは高校時代に初めて手に入れて、当時は時々思い出しては吹いていたのですが、2年前に尺八を始めてから、ふと高校時代のフルートを思い出し、家の片隅で眠っていたフルートを取り出して試しに吹いて見たのですが、とても長い時間吹いていなかったので、すっかり音が出なくなっていました。

でも、それに諦めず、なんとか吹いてみたいと思い、ネットで見つけたフルートの修理等をしてくれる業者の方にお願いし、オーバーホールしてなんとか音が出るようになりました。

それから1年ちょっと、そのフルートを使って独学の練習を続けて来ました。

そして、昨日、初めてフルートの先生についてレッスンをして貰いました。これまでずっと独学で練習してきただけなので、基本が出来ていないと自分自身思っていて、やはり先生を見つけてその先生についてレッスンをしてもらうべきと思い始めたからです。

初めてのレッスンはとても緊張しました。そのせいか普段より音が出なかったりしましたが、練習方法を教えてもらえるのは大変ありがたいと思いました。いつか、尺八だけでなくフルートも人に聞いてもらえるレベルまで向上したいと思っています。

流石に先生はとても上手くて、同じ曲を吹いてもとても音楽的な音で吹かれるので、まだまだ先は遠いなと自覚しましたが、でも自分はプロになろうと思っている訳でもないので、少しでも先生のレベルに追いつけるように頑張ろうと思っています。

尺八とフルートの二つを日々練習するのは結構大変ですが、尺八は割と取り出しやすく、さっと手に取ってさっと吹けるという気軽さがあります。

仕事の合間に気が向いたらちょっと手にとって尺八を吹き、夜はフルートを練習すると言う感じで、日々練習しています。

なかなか上手くならないと、イライラする事もありますが、それでも不思議と諦めずに続けられているのは、やはり好きなんだろうと思います。

1年後にどんなレベルに達しているか、それを楽しみにして頑張ろうと思います。

オカメインコの頭部が気になって2022-09-27 15:26:40

今日は安倍総理の国葬の日。別に僕は献花に出かける訳ではないのだけれど、もしも仕事がなければ本当は行きたい所でした。

メディアでは、国葬に反対の意見が多いとか言ってネガティブキャンペーンをしていましたが、実際は違うだろうと思っていました。そして、当のメディアは国葬が避けられないとなると、国葬の中継をするとか言い始めて、その厚顔無恥さに呆れていました。去年のオリンピックの時と同じです。

そんな今日、いつもの様に散歩に出掛けて、神社に参拝して帰って来て、普通に仕事をしています。

午後になって、テレビでは武道館で行われている国葬の中継をしている様です。そして、それよりも早い朝から献花に訪れる人の数を報道している様でした。かなりの列が出来ている様ですね。海外からもたくさんの弔問客が来ているので、とにかく無事に終わって欲しいなと思います。

さて、話は全く変わりますが、このところ我が家のオカメインコが少し活発に動くようになって来ました。この写真の子です。

普段、鳥籠の扉を開けてもなかなか外に出て来ないことが多かったのですが、最近は外に出て、部屋の中を飛ぶようになりました。

前から元気がなかった訳ではなく、ただ外にあまり出てこないだけだったのですが、それでもちょっと気がかりだったのですが、外に出て遊ぶようになって少しほっとしています。

そんな折、部屋の中を飛んで回って、自分のカゴの前に戻って来た時に、ふと見ると頭部のおハゲが少し大きく見えたのです。

オカメインコは冠羽が尖っていて、何かの気分によってはその冠羽が上に立つのですが、その時にちょっとハゲが見えるのです。そして、そのハゲの部分が以前よりちょっと大きく見えたのでした。

何しろ女の子だし、ハゲは可哀想なので、気になったのですが、その姿を写真に撮ろうとしたのですが、なかなか頭の部分を見せてはくれませんでした。

オカメインコを飼ったのは今回が初めてなので、ハゲが平均的にどの位大きいのか分かりませんが、病気と言う訳でもないし、そのまま見ているしかないのだろうと思っています。

それにしても、女の子のせいか、とても大人しい子で、あまり鳴かないし、従順で可愛いのです。男の子だと歌を歌ったりする子もいる様なので、本当は男の子も欲しい所ですが、これ以上増えると手に負えなくなるので、じっと我慢です。

いつまでも長生きして欲しいものですね。案外平均寿命は長い様なので、とにかく病気と怪我に注意しています。

ハト達の餌を巡る攻防2022-09-25 16:01:55

台風が去って今日は朝から良い天気になりました。そのせいか気温もだいぶ上がっている様です。でも、風は涼やかで、まさに秋の風と言った感じがしました。

そんな今朝のウォーキングはハトがたくさんいる公園に行ってみました。

その公園に入っていくと、公園の中で歩いていたのは2羽程だったのですが、僕がベンチに座り、家から持ってきた我が家のインコが食べ散らかした餌を撒くと、あっという間にどこからかたくさんのハトが飛んでやってきました。

そして、一斉にインコの餌を食べ始めたのです。何しろ持って来たのはほんの僅かだったので、あっと言う間に無くなりましたが、ハトたちは必死の様子でした。

そんな折、公園の反対側にお年寄りが歩いてやって来たのです。するとこのハト達は一斉に今度はそのお年寄りを目掛けて飛んでいってしまいました。

お年寄りを見ていたら、ベンチに座るや何かを地面にばら撒いた感じでした。するとハト達は先を争ってそれを食べ始めたのです。

どうやら、時々この公園に来てハトに餌を与えているお年寄りの様でした。餌をばら撒くとさっさとその場からいなくなってしまったのです。

どの位の量の餌を撒いたのかは僕の所からは見えなかったのですが、結構な量だったのではないかと思います。

ところが、その後一部の鳩は僕の座っていたベンチの前に戻ってきて、また僕のまいた餌を探している様でした。でもその時にはもうほとんど無かったと思います。

ひとしきり餌を探していましたが、そのうち何の拍子かは分かりませんが、またお年寄りの撒いた餌のあった方に飛んで行きました。

暇だったので、僕はその様子を見ていたのですが、するとどこからともなく2羽のカラスがやって来ました。カラスはハトが屯ろしている所に突っ込んで行き、ハトを蹴散らす様にして餌を横取りしている様でした。

ハト達は逃げるしかありません。でも、ちょっとした隙を見つけるとまた餌を啄んでいました。なかなか野生の世界は大変ですね。カラスだって負けてはいません。数の上ではハトの方がずっと優勢です。しばらくハトとカラスの攻防があった様です。

次回、またこの公園に行くことがあれば、次はもう少し多めのインコの餌を持って行こうかと思います。

それにしても、ちょっと驚いたのは、ハト達がお年寄りの姿を見ただけで一斉にそのお年寄りに向かって飛んで行った事です。人の姿形で見分けることが出来ているのですね。

今朝は、暑かったけれど、爽やかな風も感じることが出来て、しかもハト達のちょっと微笑ましい姿も見られたので、少し良い気分です。