ペットの夢を見ました2022-05-07 16:22:56

5月最初の金曜日は出勤日でした。このため朝6時に起床し、支度して通勤電車に乗って仕事場まで1時間少々の小旅行をしたのです。

都内を抜けて神奈川県まで行くので仕方ありませんが、時間を測ってみたら、ドアツードアで1時間50分くらいかかっています。ちょっと勿体無い時間ですが、毎日行く訳ではないので、やむなしと思う事にしています。

さて、普段は6時半に起きるので、この日はちょっと早めに起床した事になりますが、目覚める数時間前は夢の中にいたのです。

なんの夢を見たかと言うと、とっても懐かしいうさぎのペットの夢でした。

この写真の子がその子なのですが、オランダ在住時に飼っていたロップイヤーのうさぎです。

とても懐いていて、仕事から帰ってくると走ってやってくるので、とても可愛がっていたのですが、日本に帰国する際に、一緒に日本に連れてきて、それからわずか2ヶ月余りでお月様に行ってしまったのです。

もう随分昔の事ですが、でもこの子のことは生涯忘れる事はないと思います。

でも、もう夢に見ることもなく、たまに思い出しては、可愛かったこの子の面影を懐かしがるくらいだったのですが、金曜日の早朝になぜかこの子の夢を見たのです。

夢に出て来た時は、なぜかとても怖がているようで、周りにたくさんの人がいたのですが、抱き抱えてあげたら何やら安心したようで、おとなしくしていました。

ただそれだけの短い夢なのですが、僕はその夢の中で何やらとても心地よい気分になっていました。

そして、仕事に行くために起き出して、朝のコーヒーを飲みながら、なぜ急にこの子の夢を見たのだろうかとちょっと考え込んでしまいました。

そして、思い当たったのは、5月がまさにこの子の命日にあたる事でした。

きっと忘れられてしまっていると思って、夢に出てきて思い出させてくれたのだろうと思います。

今頃は月の上で元気に飛び跳ねているでしょうか。。。

それにしても、今もインコと生活をしていますが、ペットって動物であっても完全に家族の一員になりますね。

ペットと生活することでどれだけ精神的に癒やされているか、考えると彼らとの奇跡的な出会いには本当に感謝しています。

楽しい哉人生は - 2,0062021-02-14 16:16:02

今日はなんだか春の様な陽気です。朝から結構暖かくなっていましたが、午後になったらまさに春。コートを着ていると暑く感じるくらいの気温になりました。庭には新しい芽が出て来ていて、まさに春は直ぐそこに来ていると思わせる陽気です。

でも、予報だと明日は雨。それも確率100%だと言うことでした。だから明日は散歩も出来ずに、ちょっと鬱陶しい1日に変わるかも知れませんね。

雨で思い出すのは、こんな蛙。僕はあまり蛙は好きじゃありません。中には蛙が好きだと言う人がいるかも知れませんが、あまり蛙好きの人に出会ったことはありませんが、でも、春先に水田に水が入り、おたまじゃくしが泳ぎ、そこから蛙が出てくる季節は、決して悪いものではありませんね。そんな蛙が出てくる春までもう少しなのかも知れません。

予報では今年の冬は短いそうですから、今は梅が咲く季節だけど、桜は例年より早く開花するかも知れませんね。そして、桜の開花と共にコロナウィルスが死滅して消えてくれることを祈りたいです。

さて、今日はいつもの様に朝の散歩をして、10時からの日本語教室の準備と思っていたら、生徒の都合でキャンセルになりました。だから、今日は午後の尺八教室と、この後のCarlosとのスペイン語のレッスンです。

尺八のレッスンは始めてからもうすぐ半年になります。このところは隔週でやっているのですが、少しずつ吹けるようになっていると感じていて、今もやり甲斐を感じながら通っているのです。思ったより楽しいです。毎日欠かさず練習もしているので、早く人に聞いてもらっても恥ずかしくないレベルになると良いなと思いながら、頑張っています。

今日は蛍の光を初めて練習したのですが、この曲思ったより尺八にも合っているなと思いました。

何しろ先生がドイツ人だから、ちょっと不思議な感じもするのだけど、そのドイツ人の先生から、尺八の譜面のカナ文字やら漢字の意味を教わるのは不思議ではあるけれど、楽しくもあります。一年位経ったら人にも聞かせられるようになるでしょうかね。。。

そして、今日のCarlosとのスペイン語では日本の古墳について話をしようと思っています。仁徳天皇陵のビデオのリンクを先日彼に送ったら興味を持った様なのです。僕自身それほど日本の古墳に詳しい訳ではないので、午前中に少し調べて見たのです。日本にどの位の古墳が存在しているのかとか、特に大きな古墳の存在する場所とか、いつ頃作られ始めたのかとかです。なかなか面白い事がわかりました。

大阪の堺に巨大な古墳があるけれど、実は大阪が古墳の数では必ずしも一番ではないこととか、知るほどに日本の歴史にまた興味が湧いて来る感じがします。

外人って歴史が好きだから、結構日本史でも話すと興味を持って聞いてくれるんですね。

そして、蛙で思い出すのは日本の鳥獣戯画。うさぎとカエルと猿達の絵を見ているととても不思議だけど、何やら愉快で楽しそうに思えるから、蛙が必ずしも好きではなくても、どこか親しみを感じるのは、鳥獣戯画の絵のせいなのかも知れないなと思っています。

日本人ってはるか昔から漫画の才能があったのかも知れないですね。

konaのその後2009-11-17 13:42:57

konaがやって来てもうすぐ1週間になります。

だいぶ新しい場所にも慣れて来たように思えます。 相変わらずの大食いで、しょっちゅう藁やペレットを口にもぐもぐ音がします。そして大量の正露丸を落としています。 あんまり大食いなので、心配になって少しえさを控えたら、癇癪を起こしたのか、決して決まった場所でしかしなかったおしっこを昨日はとうとうマットの上にしてしまいました。 それ以来えさをケチるのを止めました。

それにしても毎日掃除が大変です。 最近は、床をガリガリと爪で引っ掻く動作をするようになりました。ガリガリした後、歯でくわえて引っ張っています。床に敷いたマットに穴をあけられるのではないかと気が気ではありません。 なかなか大変な相棒がやって来たと言う気がしています。 可愛いのですけどね。

名前を変えてあげなくちゃねー続き2009-11-13 17:40:49

コナの新しいお部屋

gammoちゃんが来てもう3日になります。 前回、名前をうさこちゃんとしようと書きましたが、もう一度考えてみました。

そもそもうさこちゃんと思ったのは、ミッフィーのオリジナルの名前を思い出したからです。でも、ありきたり。単純。思いつき。そんな気がしていました。 そこで、同じうさこちゃんで考えるなら、オランダ語のkonijn(うさぎの意)からもじってコナちゃんにしようかと思います。

昨日から今までの狭い檻から解放してあげて、もう少し広めのところに囲いを作って放してあげています。 だいぶ我が家にも慣れて来たようで、食欲も旺盛。よく食べています。 夜寝ているとぽりぽりぽりぽりとえさをかじる音が聞こえて来ます。でもとってもおとなしくて、囲いの中を駆け回る事もなければ、ガサガサと穴堀のまねをする事もありません。

トイレは躾ける事もなく、ちゃんとおしっこの場所をトレイの上と決めてくれているのでも、これも助かります。 野原を走り回っていたうさぎにしては良く出来た子です。

名前を変えてあげなくちゃね2009-11-11 23:18:39

usaco

昨日僕の所にやって来たgammoちゃんの様子です。 昨夜は全く物音を立てずにほとんどじっとしていたみたいでした。なんだか僕も気を使ってしまって、寝返りを打つのも躊躇する位でしたが、当のgammoちゃんはほとんど動かず、本当にたまに小さなかごの中を移動する音がした位でした。

さて、今日です。今の所は昨日に比べるとずっと動いている様です。少しずつ慣れて来たのでしょうか?ちょっと狭いかごが可愛そうです。

何とかこの週末にはもう少し広い場所を探してあげようと思っています。今入っているのは、ぴのちゃんがオランダからはるばる飛行機に乗って日本にやって来た時のかごです。飛行機内の貨物室に入れても良いサイズなので、ほんと小さいのです。

さて、そのgammoの名前ですが、女の子にしてはあまりの名前の様な気がして来ました。 いくら懐かしのgammoに似ているとはいえ、少し可愛そうな気もしています。

この際名前も変えてあげようかと思い始めました。 ちなみにうさこが良いと思っています