久しぶりの更新になりましたが2022-11-13 10:08:37

11月になって初めてのブログ更新になりました。

前回は10月末だったので、ほぼ半月ぶりになります。

この間、パソコンの電源を喪失して、新しい充電器をAmazonで探し、やっと電源が回復したのです。

もっと早くAmazonをチェックすべきだったと思います。何しろ、古いMacを使っているので、充電器も最近のMacと全く異なり、汎用性がないので、諦めていたのです。でも見つかって良かったです。

しばらくの間は、この古いPCと新しいPCの両方を使っていこうと思っています。何しろ、新しいPCだと何故かアサブロにログイン出来ないのです。変な現象が出ていて、そのためもあって今日までブログ更新が出来ませんでした。

さて、ちょっと前回の続きみたいな話ですが、最近というかここしばらく良く夢で彼女の事を夢見るのです。

前から、元気にしているだろうかとか、今どこにいるんだろうかとか、思うことはありましたが、最近は、夢の中で彼女に会いたいと思っている自分を夢見ます。

実際に会いたいかと言われると、自分でも分かりません。ちょっとこわいし、もしも厳しい表情で僕の事をみられたら、気分が落ち込みそうな気がするのです。だから特別会いたいと思っているわけではありませんね。

ただ、もしも普通に会話ができるのなら、ちょっと会ってみたいと思ってもいます。

まあ、会うことはないとは思いますが、それでも、僕の精神状態もだいぶ落ち着いたし、彼女の心も落ち着いている様だったら、会っても良いかも知れませんね。

今は、とにかく彼女が元気でいることを願っています。
そして、再会するかどうかは神様の気まぐれにお任せします。

ちょっと昔のことを思い出した電車通勤の話2022-10-30 16:23:06

久しぶりのブログ更新になりました。

先週から仕事が忙しかったのと、パソコンの充電器が壊れてしまって、充電ができなくなり、最後の力を振り絞ってブログ更新しています(笑)

ちょっと困ったのは確かなのですが、古いパソコンなので、やむを得ず買い換えようと思っています。

さて、先週の事だったと思いますが、仕事場に行くために通勤電車に乗っていました。結構混んでいたので、僕はつり革に捕まって、電車の揺れと戦っていたのですが、ふと気づくと斜め前に座っている女性が、彼女とかなり似ているのに気が付きました。マスクをしているし、その人は時折スマホを弄る以外は目を閉じて下を向いていたので、その顔をはっきり見たわけではありません。もちろんマスクしていないと本当の顔の表情とかはわかりませんが、とにかく雰囲気がとても似ていたのです。

当然、僕はこの路線の電車に彼女が乗っているはずもないので、別人だと思ってはいましたが、それでもどこか似ているので、ついつい昔のその彼女のことを思い出していました。

思えば、もうあれから10年近い年月が過ぎました。僕も歳をとったけれど、彼女もそれなりに年齢を重ねて、だいぶ変わっているかも知れないし、昔と変わらないかも知れません。

でも、果たして今彼女は幸せにしているのだろうかと、ちょっと気になっていたのは確かなのです。

元気でいることを望んでいますが、果たしてどのような暮らしをしているのかは知るよしもありませんし、また知ろうと思っているわけでもありませんが、とにかく今は幸せに暮らしていることを望んでいます。

病気をしたり、生活に困っていないことを願うばかりです。

通勤電車でその女性を前にして、そんなことを改めて思っていました。

そして、都心の駅を通り過ぎた頃、僕の前の席が空いたので、僕はその女性の隣に座りました。

その時はっきり感じました。彼女ではないことをです。もちろん最初からそう思っていたとは言え、どこか淡い期待をしていたのかも知れませんね。隣に座って、昔の彼女の匂いというか、そんなものを感じなかったので、はっきり自覚した感じだったのです。

わずか30分程度の時間でしたが、この日の通勤電車はちょっと昔を思い出すものになりました。

どうか、元気でいてください。

今はただそれだけを願っています。

ソメイヨシノはかなり葉桜になって来ている様ですが2022-04-09 17:21:18

昨日は、仕事の現場に行きました。

東横線の武蔵小杉のさらに先まで行くのですが、都内からメトロで中目黒に行き、そこから東横線に乗り換えます。

恵比寿からメトロで地上に出て直ぐに目黒川を超えますが、昨日はまだ桜は残っていたとは言え、結構散っていました。ほんの一瞬、目黒川沿いの桜が見えるのですが、今年もやはり目黒川の桜を鑑賞する機会はなかったなと、電車の中から思いいながら、その光景を見ていたのです。

僕にはどうしても恵比寿から中目黒そして祐天寺にかけてのエリアは思い出が多すぎて、毎回感傷的になってしまいます。昨日もそんな事を瞬間的に感じながら、中目黒で降りて、東横線に乗り換えました。

ちょうどその時にやって来た電車は横浜中華街行きの各駅停車の電車でした。

毎回ちょっと悩むのですが、武蔵小杉を越えて先に行くのに、果たして各停にそのまま乗ってしまうか、その後に来る急行とか、通勤特急といった有線電車に乗るべきか、でも昨日は躊躇なく次に来た各停に乗りました。そしたら、たまたまその電車は菊名まで先に行くと言う事で、乗って正解だったのですが、ただ、日吉くらいまでだったら、優先電車を待たずとも各停に乗ってしまった方が良いと思っています。

ところで、各停に乗ると中目黒の次は祐天寺です。

この駅はさらに思い出深い駅なので、電車が祐天寺に着くといつも無意識に周りを見渡してしまいます。

昨日は帰りも結局各停で帰ったので、祐天寺には2回停車し、ほんの数十秒とは言え、その間ちょっと緊張しました。

どうしても未だこの駅では、別れた彼女の姿を追ってしまう様です。



ところで、土曜日の今日は、昨日現場に行って疲れたせいか、午前中はいつもの散歩に出かけ、自宅の庭に咲いたちょっと遅咲きの桜に目を細め、小一時間ほど歩いて来たのですが、9時も過ぎるとだいぶ暖かくなって来て、歩くと暑いくらいでした。その上、朝からよく晴れたせいか、桜の美しさがとても目について最高の朝でした。

午後は疲れてしまったので、無意識にと言うか、ちょっと眠気に襲われ昼寝してしまいましたが、ようやく昨日の疲れが取れてきた感じがします。

庭には牡丹の花も少し開いて来ていて、まさに春真っ盛りと言う感じです。

日中ちょっと風が強かったので、心配しましたが、まだ散るまでにはなっていません。明日もどうやら天気は良さそうなので、花を見ながら明るいうちから花見酒でも飲んでしまおうかなと企んでいます。

墓参に行って来ました2022-01-16 16:48:25

今日は、昨日から行こうと決めていた我が家のお墓参りに行きました。

ちょうど30年前の今月でした、母がこの世を去ったのは。あれからもう30年の月日が経ったかと思うと、なんとも言えない気分になります。あっという間の30年だった様にも感じるけれど、でもこの間に色々な事がありました。そんな記憶が頭の中を走馬灯の様に駆け巡りました。

とにかく、今月中には一度行かなくてはと思っていたのですが、思い切って今日行って良かったと思います。

今朝も富士山が見事に見えた朝でした。

いつもは電車で行くことが多いのですが、このところのオミクロンの感染増を気にして、今日は車で行きました。そして、途中見事な富士山が眺めたので、ちょっと良い気分になりました。

とはいえ、今朝から津波のニュースが流れ、ちょっと津波のおかげでオミクロンが吹き飛ばされた感がありますが、遠い南太平洋の火山の噴火で津波が押し寄せてくるってやはり自然の力は凄いですね。感心している場合ではないけれど、自然の前に人間は無力だなと今更ながら思います。

さて、今日は日曜日と言うこともあって、都内の道路は比較的空いていました。実に久しぶりに環状7号線や山手通りを車で走ったのですが、特に山手通りは思い出がいっぱいあって、ちょっと30年間に起きた事の中でも僕にとっては忘れ得ない思い出のある道路です。

あれからもう10年近い年月が過ぎ去りましたが、山手通りは特に大きく変化はしていませんでした。

あの頃のことを書き出すと止まらなくなるので、やめておきますが、あの当時彼女を助手席に乗せて何度この山手通りを往復したか分かりません。

そして、偶然にも我が家の菩提寺が山手通りを通って行く場所なので、車でお寺に行くときは、どうしてもあの頃のことを思い出す事になります。

それもあって最近は電車で行くことが多かったのですが、こうしてたまには車で行くのも良いのかもしれないなと思いました。

別れてしまった彼女の事を思い出すのは、ちょっと苦く辛い思い出ではあるのですが、長い時間が経過したことで、辛い思い出は消えて行き、ちょっと懐かしく楽しい思い出が今は記憶に残っています。

当の彼女はどう思っているか分かりませんが、それを気にしても仕方がありません。

今はとにかく元気でいることを願うばかりです。

ところで、金曜日に今の会社の上司に退職の意思表示をしましたが、キリの良い時期までいて欲しいと言われたものの、もちろんそれ以上の引き止めはありません。いよいよ僕のサラリーマン人生の最後の大きな転機が今年はやって来そうです。

まさか、もう一度転職することになろうとは思いませんでしたが、次こそ最後の転職になるようにしたいと思います。春の声が聞こえ始める頃には新しい職場での新生活が待っていそうです。

人生何が起きるか分かりませんね。今年もコロナ騒動はしばらく続きそうだし、津波騒動があったり、また自然災害がありそうですが、今年一年が良い年になることを願いたいです。

楽しい哉人生は - 2,1772021-10-29 15:41:10

金曜日になりました。今朝はちょっと寒い朝でした。

散歩に出た時には、時々風が吹いていました。真冬の寒さではないものの、随分寒くなたなと思わざるをえない朝でした。つい先日まで蝉の鳴き声が聞こえていましたが、わずか数週間で蝉の声が聞こえなくなり、代わりに聞こえるのは風の音。そういえば先日木枯し一号が吹いたと行っていましたが、今朝の風が木枯しなのかどうかは別にして、だんだん冬が近づいて来ているのを実感せざるを得ませんでした。

さて、ちょっと風があったせいかも知れませんが、空は青く晴れ上がってとても気持ちの良い朝でした。歩き始めて数十分すると汗をかきましたが、気温が低いせいと乾燥しているせいで、すぐに汗は乾き体はポカポカしているものの、顔に当たる風はちょっと冷たいと言う環境でした。

この写真は、その散歩の途中に見つけた、ちょっと珍しいお宅でした。1階部分と2階部分の間に空間が空いています。いわゆる二世帯住宅だと思いますが、1階と2階の間に空間を開けることでプライバシーを確保しているのでしょうか。2階の音が下に響くと言うことを避けられる構造になっていると思います。

そう言えば、オランダに住んでいた頃、近所に住われていた日本人のご家族が言っていました。2階以上の階の部屋を借りると、子供が走り回る音が下の階に響くので、下の階からクレームが来るので、1階の部屋を借りるしかないとその方は言っていました。当時、なるほどなと思ったのですが、僕には子供がいないので、そんな事は全く思いもしませんでした。

だから、この家を見た時に結構面白いアイデアだなと思いました。

でも、なんだか不思議ですね。2階が宙に浮いているみたいな感じで、住われている方はどんな感じなんだろうと思いました。おそらく部屋に入ると宙に浮いていると言う感覚はないのでしょうけどね。

さて、ちょっと話が変わりますが、今朝、それも早朝のおそらく1時か2時頃だったと思います。夢を見ていてハッと目が覚めました。

何の夢かと言うと、何やら僕があるグループの人達から面接を受けているみたいな夢だったのですが、僕の面接が終わると次の人を人を呼んで来なさいと言われて、部屋を出るとそこにいたのは昔の彼女でした。

そして、その彼女に部屋に入って面接を受けるように伝え、頑張ってと励ましているところでハッとして目が覚めたのです。

なぜそんな夢を見たのか僕には分かりませんが、その夢はどうやら二人を結婚させるかどうかを判断する面接の夢だった様なのです。

随分変な夢だなと思ったのですが、ちょっと気になってしまいました。

そんな変な夢を見ると言う事は、その別れた彼女が今何かに困っていて、もしかしてSOSを出しているんじゃないだろうかと言う事でした。

考え過ぎと言う気もしますが、無事であることをとにかく祈りたいと思いました。