大自然の中で楽器を演奏するってなんだか楽しそう2023-01-22 16:22:11

この週末、土曜日は今年になって初めての尺八のレッスンがありました。

師匠が変わってこれで3回目のレッスンになりましたが、前回からいわゆる尺八の古典の曲を練習するようになり、ちょっと戸惑いながら昨日もレッスンを受けました。

そもそも五線譜を基本に音楽を教わり、自己流ながら五線譜をベースにフルートを吹いたりしてきましたが、尺八の古典の譜は、これまで習った尺八の譜面からも少し違う感じがしていて、どの様にその譜を読んで吹いたら良いのかイマイチわからない為に困惑していると言う感じです。

しかも、尺八独特の技法が至る所にあり、その技法の運指がなかなか覚えにくいので、昨日師匠の家に行くまではギブアップ状態でした。

やむなく、恥を忍んでもう一度始めから聞き直して、もう一度始めから練習して見たのです。

ようやく少しわかってきたけれど、このまま放置しているとまた忘れてしまいそうです。

練習にとても良い曲だと言われて始めた曲ですが、これをマスターするにはかなり練習が必要だなと思います。

ところで、この写真は尺八と全く関係がありませんが、この週末散歩をしていて、どこかに出かけたくなって、思い出したのが奥入瀬渓谷でした。

ここに行ったのは3年前だったか、4年前だったかなのですが、今年もし十和田湖から奥入瀬渓谷に行かれたらいいなと思いました。

昨日、尺八の師匠にどのくらいの頻度で尺八を吹いているかと尋ねられ、実はほぼ毎日練習していると答えたのですが、そしたら、それはとても良いと言われました。

そう言われると、今度はそれがプレッシャーになり、毎日練習しないわけには行かなくなりましたが、どこかに旅行に行ったら尺八持参で行くしかないかなと思い始めています。

例えば仮に奥入瀬渓谷に行かれたとして、奥入瀬で尺八を吹いたらどういう事になるだろうかと、ちょっと想像して見ています。

きっと吹いている本人としては、気持ちが良いのでしょうが、同じく奥入瀬渓谷でハイキングしている観光客の人からは不評を買うだろうなと思うのです。

では、仮に師匠並みに上達したらどうでしょうか?そんなことも妄想して見たのですが、果たして歓迎されるのか、それとも大自然の静寂を汚すとして大顰蹙なのか、ちょっと考えてみたら面白いなと感じています。

最も大自然の静寂と言っても、渓谷なので、水の音が鳴り響いて、滝があるところはかなり騒々しいと感じられなくもありませんが、水の流れが割と穏やかな場所だと、確かに自然の音しかないので、そんな場所に尺八の音が鳴り始めたらちょっと嫌われるかもしれませんね。

でも、別に奥入瀬渓谷でなくても良いので、もしかしたら、人のあまり来ないような自然の中で尺八を吹いたら、気持ち良いかも知れませんね。

そんな機会があると良いですね。

そうそう、尺八だけでなく、フルートもほぼ毎日の様に練習しているので、フルートも大自然の中で吹いて見たいと思っています。

全く人が来ない所だったら、恥ずかしいという気持ちもなくなるし、気持ちよく吹けるだろうなと思っています。

あれから2週間が経ちました2023-01-19 16:28:57

あれからもう2週間が経ちました。

部屋の片隅には主人がいなくなった鳥籠が置いてあるのですが、それを見るたびに切ない思いをしています。

たかがペットと侮ることは僕には出来ず、ふとした瞬間にいなくなってしまったオカメインコの子の思い出に浸ってしまう日々がまだ続いています。

幸い、仕事に行き時はあまり思い出すこともなく過ごせるのでいいのですが、在宅で仕事をしているとどうしても鳥籠がめに入ります。まだしばらくこの寂しさは続きそうです。ただ、とは言え最近はだいぶ気持ちの落ち着きが取り戻せたように思います。

忘れてしまうことはないけれど、いつまでも引き摺るわけにも行きません。毎日の生活もあるので、日々過ごす中で少しずつ変化していくのでしょうね。

まだ我が家には二羽のインコがいるので、その子たちのことも気をかけないといけないので、同じような不幸な事がなるべくないようにしたいと思いながら過ごしています。

ところで、二日ほど前にいつもの散歩をして、神社にお参りしたら何故か鳥居のところに日章旗がかけられていました。この日は祝日でもなく、あれ?今日は何の日だったかなと思ったのですが、思い当たる節もなく、ちょっと不思議に思いながらその神社にお参りして帰ってきたのですが、とても大きな日章旗で、ちょっと清々しい気分でした。

年齢を重ねたせいなのか、数年前から日本的な文化等にとても惹かれるようになり、書道を始めて見たり、尺八を習ってみたりしていますが、触れれば触れるほど日本の文化っていいなと思うようになりました。

在宅で仕事をしている日は、ほぼ毎日ちょっとした時間に尺八を吹いています。

いつかは前回の「ひえつき節」を吹けるようになりたいと思うし、メタルの尺八を買って吹いて見たいとも思っています。

日本的なものに惹かれる様になったと書きましたが、ただ尺八の古典曲にはあまり関心がなく、割と現代的な曲に惹かれています。スタジオジブリの主題歌とかは、尺八にピッタリで、「もののけ姫」は好きなレパートリー曲の一つになりつつあります。

少しずつそうした曲を増やしていけたらいいなと思うのです。

面白いもので、僕が尺八やフルートを練習し始めると、インコがおしゃべりを始めるのです。そして、吹くのを止めるとおしゃべりがピタッと止まるのです。

以前フルートを吹いていたら、亡くなったオカメインコの子が僕の肩に飛んできてずっと聞いていました。

本当に聞いていたのかどうかまでは分かりませんが、そんな思い出をふと思い出したりします。

肩の上に飛んできて一緒にフルートを楽しんでくれる子がいなくなったのは、やはりかなり悲しいものがありますね。

尺八の曲に感動してます2023-01-17 16:19:20

久しぶりの雨降りが続いて、今日の午後になってようやくお日様が顔を出して、陽の光が窓から差し込んできました。

やっぱりお日様の光は良いですね。

今日は1日テレワークをしていて、会議の合間等で時間がある時は尺八を吹いて練習をしていました。こう言う時間が取れるのがテレワークの良いところです。

実は数日前からちょっとハマってしまった尺八の曲があるのです。その曲名は「ひえつき節」と言う宮崎県だったと思うのですが、民謡です。

日本の民謡って、なんだかダサいなと若い頃から思っていたところがあって、あまり興味がありませんでした。そんな中、数少ない好きな曲は竹田の子守唄だったりして、尺八を習い始めの頃にちょっと吹いてみたことがありました。ただ、なんとなく自分としてはイマイチって言う感じがしていたのです。

それはおそらくアレンジされていないそのままだと言うこともあるのかも知れません。もう少し今の時代にふさわしいと言うか、マッチするようなアレンジがされていたら、もっと楽しいんじゃないだろうかと思っていました。

そして、最近巡り会ったのがひえつき節だったのです。

何気なく聞き始めて、ちょっと衝撃を受けました。たまたま見かけたyoutubeの番組だったのです。

それから、連日毎朝、毎昼、そして毎晩聞いています。

なんとか自分もこんな風に吹いて見たいと言う願望と、でもかなり難しそうだと言う壁の高さを感じながら、聞いているのですが、何回聞いても鳥肌がたつと言うか、感激してしまうのです。

尺八を吹いている方は竹の普通の尺八ではなく、メタル尺八と言う金属製の尺八を吹いているのですが、その音量がまた素晴らしいのです。

思わず自分もメタル尺八が欲しくなってしまった位です。

https://youtu.be/q7mN0DWI0DM


ちょっとそのYouTubeチャンネルのリンクを貼っておきます。

この尺八の音色を聴いて、尺八を見直し、そして尺八愛好家が増えてくれるといいなと思っています。

そして、いつか僕もメタル尺八を吹けるようにこれからも頑張ろうと思っています。

久しぶりの雨空でした2023-01-15 17:14:17

この週末はちょっとパッとしないお天気になりました。

昨日は雨のち曇り、そして今日は朝から鬱陶しい雲が覆って、時折小雨がパラパラと落ちて来ました。明日もやはり同じような天気の様です。

12月のいつからだか正確には知りませんが、もう20日以上も雨が降っていなかったそうですから、ある意味恵みの雨が降ったと言うことなのでしょうね。最近はあちこちで火事が発生して、ニュースにもなっていたようだし、乾燥がひどかったですからね。

そして、乾燥と言えば僕も金曜日に皮膚科に行きました。乾燥肌の上に何か手のあちこちに切り傷のような切れ目が発生して、痛く仕方なかったので、思い腰を上げて皮膚科のクリニックに行って来ました。そして、乾燥肌用のクリームと、切り傷のような皮膚の荒れ用の軟膏ももらって来ました。

早速帰宅してつけていますが、今のところまだ治っていません。ちょっと辛いので、早く治ってほしいと思っています。



さて、日曜日の今日は曇り空の下、いつものように神社まで散歩に行って来ました。あまりお天気が良くない日は神社にお参りするのは駄目だと聞いているので、雨が降ったら行かないつもりでしたが、幸い雨は降らなかったので、今日も朝から神社でお願い事をして来たのです。

今年は、なるべく散歩に出た時には神社にお参りして来ようと思っています。

何しろ体調面とか、仕事面で色々心配事があるのです。

もうすぐテレワークを始めるようになって3年になりますが、この間随分あちこちの神社に行ったので、もう見慣れた光景だし、特別なことは何もないのですが、習慣的に神社に行く癖もついているようです。

何しろ病気にはなりたくないし、もう少し仕事も続けて、金銭面での苦労もしたくないし、少しでも余裕のある暮らしがしたいですから、毎日のように神社に行ってお願いしても良いかなと思っています。

明日は、仕事場に行かなくてはいけないので、神社参拝はお休みですが、仕事場に行かない日で、雨降りでなければ神社参りして運動とお願い事の一石二鳥を狙います。

実は、昨日割と近くの商店街のある街に出かけて、楽器屋さんを覗いてきました。

大して上達もしていないくせに、ちょっと新しいフルートが欲しくなっているのです。

僕の今持っているフルートも決して悪いものでも安物でもないのですが、足部管の違うものが欲しいのです。俗にH足部管と呼ばれているのですが、通常のより少し長くなっているのです。管が長いせいでなんだかよく響く音がするのです。フルートの先生が持っているのですが、その音を聞いた時に、非常に惹かれました。

神社への散歩とは全く関係ない話ではありますが、もしもできれば今年そんな新しいフルートの夢を叶えたいなと思っていて、神社に行った時にはそんな思いも込めて、良いことがあるようにお祈りしていると言う訳なのです。

昨日行った楽器店には、そんなフルートは置かれていませんでした。やっぱり初心者ではなく、それなりの技量を持った人が使うフルートだからでしょうか?値段も少し上がるし、地方の中核都市程度の楽器店ではお目にかかれなさそうです。

そんなわけで、近いうちに東京都心まで出て見てきたいなと思い始めています。

まあ、その前にもう少し自分のフルートの腕を上げないといけませんね。

2023年、明けましておめでとうございます2023-01-01 16:10:03

また新しい年がやって来ました。2023年と言うか、令和5年は果たしてどんな年になることでしょう。

個人的には、もっとフルートと尺八の技量を上げたいと思っているので、今年は張り切って練習しようと思います。願わくば、誰かに聞いてもらえるレベルにしたいと思いますが、目標を持って励みたいですね。

例えば、フルートで言えば、有名な「アルルの女」を難なく吹けるようにしたいし、さらにその上を目指したいです。尺八で言えば、昨年秋以降に始めた古典を吹けるようにしないといけないと思っています。そもそもそれほど古典に興味はなかったのですが、やる以上はちゃんと吹けるようにしたいものです。

そして、こうした楽器以外の目標はやはり旅行ですね。

昨年は旅行にあまり出られなかったので、今年はせめて2〜3回は出かけたいです。行きたい場所はたくさんあるけれど、京都か奈良に行きたいです。

そして、気になるのはやっぱり戦争の行方。ロシアが劣勢と伝えられる中、果たしてどのような結末を迎えるのか、とても気になります。

元旦の今朝は、朝一番で神社にお参りして、今年のお願い事をして来ました。

実によく晴れた朝で、空がとても綺麗でしたが、富士山も見えて幸先良い2023年になったのではないかと感じました。

本当に良い年にしたいと思います。

そして、忘れてならないのは今年の仕事です。今年も良い仕事に恵まれると良いなと思います。

仕事始めは5日ですが、今週は5日と6日に仕事をしたら三連休ですから、おそらくこの二日間を有給で過ごして長い連休にしている人も多いでしょう。

僕はなかなかそう上手くできないので、この二日間は仕事をします。

どこまで頑張れるか、とにかく今年も良い年にできるよう頑張ろうと思います。