ぴのこちゃんの思い出2023-12-30 16:26:05

2023年も明日で終わります。年末を迎えてちょっと今年一年の事を思い出していました。

一年前、大切に飼っていたオカメインコの様子がおかしいのに気がつき、年明け早々に鳥の病院に連れて行きました。その診察結果を聞いた時はとてもビックリし、そしてとても辛い気持ちになりました。医者に言われたのは、この子は癌にかかっていて、もう長くないと言う言葉だったのです。そして帰宅してその日の深夜に天国にいってしまいました。あの時は本当に悲しかった。

まさか、新年早々こんな不幸がやってくるとは想像もしていなかっただけに、なんとも言えない気持ちになりました。

あれから1年近い月日が流れ、今もそのオカメインコの子の事を思い出します。

ありし日のこの子の写真を見るたびにあの時の悲しみが蘇ってくる様です。本当に可愛い子でしたから、今でも生きていてくれたらなと思います。でも、こればかりはどうしようもありません。もっと早くお医者に連れて行ってあげればよかったとか、反省することはありますが、お医者が言うには、この癌は悪性だから、どうしようもないと言う言葉に力を落としたのも記憶しています。この子はきっと病気と闘って頑張って生きていたので、せめて褒めてあげようとその時思ったことも思い出します。

ペットを飼うってこういう悲しみと戦う日が来るので、辛いですね。でも生きている時は本当に楽しみを分けてくれていたので、今は天国で安らかにしている事を願っています。

そして、大切なペットをなくす経験はこの時だけの経験ではありません。

忘れられないペットとして今も心の中にいるのはうさぎのぴのちゃんです。

オランダ生まれのこの子が日本にやって来て、たった一月余りでお月様に行ってしまった時は、泣けて仕方ありませんでした。何しろ4年もの間一緒に生活してきて、とても懐いてくれていたので、可愛くて仕方なかったのです。

あれからもう随分長い年月が流れましたが、この子の事は忘れたことがありません。

日本に連れて来たことが悪かったのだろうかと、当時随分悩みましたが、後の祭り。今はただお月様で元気にいる事を願うばかりです。満月の日には特にそんな事を思って月を見上げています。

ところで、この子は藁を咥えていますが、女の子の本能でこんな風に藁を咥えていたんだと思います。

仕事から帰ってくると、真っ先に駆け寄ってくる本当に可愛い子でした。

この他にも以前飼っていたペットで、亡くなったときに悲しい思いをした子は何匹かいますが、それでも今もペットを飼い続けているのは、やはり僕の生活に潤いを与えてくれる存在だからだと思います。

人も動物もいつか命の終わりがやってくる宿命を背負っていますが、彼らを大切にしてあげようと改めて思った2023年でした。

ぴーすけ君とそらちゃんとぴのこちゃん 372023-09-24 17:09:29

この週末、お父さんとお母さんそしてぴーすけ君はちょっと小旅行に出かけました。そして、そらちゃん、ぴのこちゃんと他の二人はお留守番になりました。

これまで、そらちゃんもぴのこちゃんもお留守番をした事はあるのですが、

この羽衣ちゃんは初めてのお留守番になりました。そんな訳で、ぴーすけ君はもちろんですが、お父さんもお母さんもちょっぴり心配でした。初めてのお留守番をちゃんと過ごせるだろうか、かごから出してもらえない1日をじっと耐えてくれるだろうか、その事が気がかりだったのです。

本当は、部屋のどこかに監視用のカメラを取り付けて、ネットで時々見れると良いのですが、残念ながら今回はそんな準備も出来ず、気になりはしたものの、3人は出かけて行ったのです。

案の定、ぴーすけ君は時々二人に「そらちゃんはちゃんと羽衣ちゃんの事を気にかけてくれているかな」とか、「羽衣ちゃんはパニックを起こしていないかな」と聞いていましたが、それは二人にも分かるはずも無く、「きっと大丈夫」と答えるだけでした。

そして、3人は6時間もかけて目的地の温泉につきました。

何しろ昨日は秋分の日で祝日でしたから、車はかなり混雑していて、思いもかけずそんな長い時間がかかってしまったのです。

宿に着くと早速お風呂に入ってゆっくりすると、いつの間にかぴーすけ君は羽衣ちゃんの事を忘れてしまったみたいです。

その夜は3人でおいしいものを食べて、お風呂に入り、夜は早くに寝てしまいました。

ぴーすけ君はその日の夜に初めて食べた鴨のコンフィと言う料理が気に入ったみたいです。

ちょっと鳥さんを食べてしまうのは気が引けた様ですが、でもちょっと口にしたらすっかり「おいしいね」と言って満足した様子でした。

そして日曜日の今日、やっぱりお留守番をしている4人(羽)の事が気になってお父さんはどこにも立ち寄らず、頑張って車を運転して、3時頃に家に戻ってきました。

さて、家に着くや否や、ぴーすけ君は真っ直ぐにみんなの様子を見にいきました。そらちゃんは何事もなかったかの様にお喋りをしていましたし。羽衣ちゃんも元気に囀っていました。そして、ぴのこちゃん走って来て、ぴーすけ君の足元にすり寄っていました。

長兄のコザクラくんは背中を向けて何事もなかったかの様にしています。ちょっと一番お兄さんの風格がありますね。

たった1日でしたが、みんな元気でいてくれたので、本当によかったです。そして、ぴーすけくんも楽しんで帰って来て、大満足の旅行でした。

ぴーすけ君とそらちゃんとぴのこちゃん 362023-09-14 14:51:24

毎日、毎日暑い日がまだ続いていますね。

ぴーすけ君は時々外に出かけなくてはいけないので、外出から戻ってくるとエアコンの効いた部屋で暫くの間ぼーっとしていることがありますが、そらちゃんもぴのこちゃんもそんなぴーすけ君を見て早速近くに寄って行って、肩に乗ったり、足元からぴーすけ君の膝の上に飛び乗ったりしています。

でも、暑くて汗をたっぷりかいて帰ってきたぴーすけ君は少しそんな二人を素っ気なく扱って、そらちゃんを追い返したりしています。気持ちは分かるけど、でも二人はきっとぴーすけ君と遊びたかったのだと思います。ちょっと可哀想ですよね。

さて、そんなぴーすけ君の扱いにも全くへこたれず、そらちゃんは今日も朝から部屋の中を飛び回って元気いっぱいでした。

カゴの扉を開けてあげるとすぐに出てきてまず部屋を何周か飛び回ります。そして、その部屋にぴーすけ君かお父さんがいると二人の肩にのって暫く休憩するのです。そらちゃんはほとんど人を噛んだりしないので、安心して肩に載せたままでいられます。でも、手を出したりすると飛んでいってしまいます。

爪を切ってないので、ちょっと爪が痛いのが困りものですが、何しろ可愛いので、ぴーすけ君もお父さんも我慢、我慢なのです。

そして、当のそらちゃんですが相変わらず自分の羽を抜いています。この写真だと胸の辺りの羽が抜けて、いわゆる鳥肌がのぞいていますが、左の翼の下もほとんど羽がありません。だから、翼を少し持ち上げると何とも悲惨になってしまった素肌が丸見えになってしまいます。

本人は全く元気ですが、周りの人はとても気になります。

ぴーすけ君は毎日のようにそらちゃんに「羽を抜かないでね!」と言い続けているのですが、馬の耳に念仏ならぬセキセイの耳に念仏状態なのです。

困ったそらちゃんです。

そういえば、ぴのこちゃんも一時期胸の辺りのモコモコとした毛をたくさん抜いた事がありましたが、最近はそれは無くなりました。そらちゃんとぴのこちゃんでは理由は違うと思いますが、とにかくそらちゃんの羽を抜いてしまうのだけは何とかしてやめさせたいのですけどね。

ぴーすけ君とそらちゃんとぴのこちゃん 352023-08-20 16:07:31

毎日、毎日本当に暑い日が続いています。

それでもぴーすけ君は元気です。エアコンの効いた部屋で過ごすことが多いですが、時々近くの公園に行って、遊んでくる様です。そこに行くとお友達がいるからだと思いますが、子ども達は暑くても元気ですね。

ただ、熱中症は危険なので、なるべくお日様の出ている日中は行かないように、お母さんから注意されています。

なので、日中はお家の中でそらちゃんと遊んだり、ぴのこちゃんと遊んだりして過ごしています。



今日も、そらちゃんと遊んでいましたが、そらちゃんは今日は珍しくすぐにカゴの中に入って行ってしまいました。暫く様子を見ていましたが、カゴの外に出る気配がなかったので、代わりに同じセキセイインコのつむちゃんをカゴの外に出してあげると、つむちゃんはすぐにそらちゃんのいるカゴの上に乗って、そらちゃんを見ながら何か言いたそうにしていました。

このつむちゃんは未だ生まれて半年ちょっとなので、大人のセキセイインコと言って良いのかよく分かりませんが、家にやってきた時は、翼の羽がカットされていて、あまりうまく飛べませんでしたが、今はもう普通に飛べるようになりました。だから、カゴから出してもらうとすぐにそらちゃんにちょっかいを出しに行くのです。

そうして、暫く二人はお互いを牽制しているのか、それとも二人とも相手に関心があるのか、ずっとこうしてカゴ越しに見つめ合っています。

どうやら特につむちゃんの方がそらちゃんを気にしている様です。

ぴーすけ君はそんな二人を見るとすぐに二人を引き離しにかかります。つむちゃんに手を伸ばして、そらちゃんの近くから離れるようにするのですが、つむちゃんもなかなかしつこくて、何度も何度もそらちゃんのカゴの上に行ってはそらちゃんを見ているのです。

ぴーすけ君も負けてはいません。つむちゃんが戻って来ると、また手を伸ばしてつむちゃんをそこから追い出します。

そんなやりとりを何回か繰り返すと、先に根を上げるのはつむちゃんです。

バタバタとお部屋の中を飛び回っては、そらちゃんのカゴの上に止まり、また追い出されては、また戻って来るの繰り返しをしていると、かなり疲れるみたいなんですね。

そして、最後はぴーすけ君に捕まえられて、自分のカゴの中に帰されてしまうのです。

そんなやりとりとは関係なく大人しく部屋の隅っこで横になっているのはぴのこちゃんで、ぴのこちゃんだけはいつもマイペース。気が向くと藁を咥えてむしゃむしゃしたり、気が向くと部屋の中を走り回ってみたり、そして疲れるとまた部屋の片隅にゴロリと横になっています。

でも、ぴのこちゃんはお父さんが帰ってくると慌ててお父さんを迎えに玄関口まで走って行くのです。どうしてなのかは分かりませんが、誰かが帰宅すると、お父さんに限らず玄関まで駆けていくと言う習慣があります。だから可愛がられているのですね。

最近お父さんは仕事が忙しいのか、よく会社に出かけるようになりました。家に戻ってくると、「暑い!暑い!」と言って暫くエアコンの近くから離れません。

そんなお父さんを見ながら、ぴーすけ君は寝る支度をして、「おやすみなさい」をして自分のベッドに潜り込みます。同じように、そらちゃんのカゴにもカバーを掛けてそらちゃんも「おやすみなさい」ぴのこちゃんもゴロリと横になります。

でも、一番遅くまで起きているのはそらちゃんの様です。いつもカゴの中から訳のわからない事を呟いています。そして、それと合わせてつむちゃんも大きな声で鳴いています。

ただ、一番うるさいのはつむちゃんかも知れません。

つむちゃんがそらちゃんみたいに言葉を覚え、おしゃべりできたらきっと楽しくなりますね。

ぴーすけ君とお父さん2023-08-06 16:34:38

今日も朝からとても暑くなりましたが、今朝、ぴーすけ君はお父さんに連れられて図書館に行きました。

お父さんから誘われて、ついて行ったと言うのが正確かも知れませんが、とにかくお父さんが、
「ぴーすけ、ちょっと散歩に行こう!」と言うので、ぴーすけ君がついて行ったのです。

そして、ついた先は図書館でした。

実は、ぴーすけ君はこれまで図書館に来たことはありませんでしたが、本がたくさんあるので、実は結構嬉しかったようです。

お父さんは、ぴーすけ君が本が好きな女の子になって欲しいと言う思いで連れって行ったのです。

とにかく絵本でも良いから、本をたくさん読む子になって欲しいと思っているのです。

そして、どうやらそんなお父さんの期待通り、ぴーすけ君は割と本が好きなようです。

たまにはお父さんがぴーすけ君に本を読んで聞かせるなんて事もあって、そんな時は結構喜んでお父さんの読んでくれるお話に耳を傾けています。

今日は、お父さんと一緒に図書館に2時間くらいいて、それから帰りました。

お父さんがぴーすけ君に、
「ぴーすけはどんなお話が好き?」と聞くと。

「動物が出てくる話が好き。鳥さんが出てきたり、うさぎさんが出てきたりのお話が好き。」と答えました。

一度お父さんがぴーすけ君に因幡の白兎の話をしたことがあって、ぴーすけ君はその話が結構気に入ったみたいでした。

そして、お父さんはぴーすけ君に言いました。

「もう少し大きくなって字が読めるようになったら、もっといろんな本を読めるようにしようね。」

ぴーすけ君は「うん。」と即答しました。

「でもね、もしかしたら、そらちゃんとぴのこちゃんをモデルにした本が書けるかも知れないよね。」とお父さんが言いました。

そう言われるとぴーすけ君も、何だかイメージができたみたいで、ちょっと目を輝かせていました。そして、

「今頃二人はどうしているかなぁ?」と言うのです。

お父さんは、「そうだね。早く帰ろうか。」と言ってぴーすけ君の手を繋いで少し早足で家に帰って行きました。

もしかしたら、将来ぴーすけ君はそらちゃんとぴのこちゃんのお話を作っているかも知れませんね。果たしてどんなお話ができるでしょうね。